「腰」は、「にくづきに要」と書くくらい重要です!

春から秋にかけて
大仕事があったものですから
「身心に負荷をかける」という意味で
かなりの無茶をしました。

なんとか作業が終盤にきて
先が少し見えた氣のゆるみか
最後の最後で、腰痛になってしまいました。

腰痛は、10代からありましたが
寝ていて動けないほどひどいのは
生まれて初めてでした。

行きつけの接骨院では
対応できないものですから
同級生の整形外科に行ってきました。

幸いにも、骨や関節に
重大な支障があるわけではないようでしたが
年相応に、関節にゆがみが見られるので
「腰」をケアして生活するようにと
厳重に注意いただきました。

先生いわく
「腹筋は鍛えるためにあるのではなく
使うためにある。
正しい姿勢を維持して
腹筋を意識して生活することによって
腰への負担が減る」
とのことです。

今回、腰痛になって実感したのは
腰に不具合があると
通常の日常生活をおくることは
不可能だということです。

字を見れば
「にくづきに要で“腰”」ですから
身体にとって、いかに重要かということです。

腰痛を遠ざける生活習慣を
無意識にできるように
日々努力せねばと実感します。

カテゴリー: 未分類 |

「秋の稲荷祭」をおこないました

当方の事情により、
例年よりも遅くなりましたが
『秋の稲荷祭』を開催しました。

毎年のことですが
祝詞を聴いて、お祓いしていただくと、
厳かな氣持ちになります。

同時に、一年に感謝して
新たな年にチャレンジする氣持ちになります。

来年が、今年より良い年になるように
心から願っております。

カテゴリー: 未分類 |

すごいサービスでは?

最近、関西に出張したときに
名古屋から大阪の移動には
時間が合う限りは
近鉄の「アーバンライナー」を利用しています。

理由は
①お値ごろ⇒金券ショップで購入すると3300円くらいです
注)デラックスシートでなくても、十分に快適です

②乗り心地が良いので、ゆったりくつろげる。
注)乗車時間は2時間です。

ということです。

いつも感心させられることは
トイレが「ウオシュレット完備」ということです。

高額の企画列車でもないのに
このような設備があるということは
すごいサービスなのでは?と感じます。

カテゴリー: 未分類 |

2017年ヒット商品番付

2017年は、あと二ヶ月残っておりますが
日経トレンディの
「2017年ヒット番付30」が発表されました。

自分は、流通業に生きる商人として
毎年、自分への課題としているのが
ヒット番付30の中で
◆知っている⇒20以上
◆その中で体験したことがある⇒10以上
をノルマとしております。

今年の結果ですが
◇知っている⇒14
◇その中で体験したことがある⇒1
となっておりました。

傾向として、
年々、ヒット商品に対する感覚と行動が
鈍くなっているように思われます。

「ヒットしている」ということは
「多くの人に支持されている」ということで
時代の流れと、何らかの関連性があるはずです。

今月から、意識と行動を変えて
情報に敏感になるようにしていきます。

カテゴリー: 未分類 |

40周年。継続は偉大なり。

高崎駅前に「オーパ」様がオープンしました。

華々しいオープンの影で
同じく駅前の高島屋様は
開店40周年だそうです。

たしか、自分が中学生のときにオープンしましたが
高崎の街が、大きく変わっていく中で
ずっと駅前で営業されていたことには
頭が下がる思いです。

これからは相乗効果で
商都・高崎の駅前から街全体が
もっとにぎやかになることを期待します。

カテゴリー: 未分類 |

今年も三ケ日みかんが入荷しました

今年も、浜松・山下農園様から
「三ケ日みかん」が入荷しました。

低農薬・有機栽培で育てたみかんは
ワックスをかけておりません。

農協に卸していないため
市場では食べることができない逸品です。

まだ、酸味が強い初物は
ひとふくろ1キロで税込み¥430円です。

一度食べたら、クセになる、濃厚な味わいです。

ぜひ、一度、お試しください。

カテゴリー: 未分類 |

上州どっと楽市に出店します

10月21日(土)22日(日)の二日間は
恒例「上州どっと楽市」です。

今回は、
「高崎問屋団地完成50年記念」
でもあります。

(有)お元氣ですかは
婦人と紳士の秋冬ものお洋服を、税込み価格
1000円・1500円・2000円・3000円
でご奉仕いたします。

チラシ商品は
いつも大人氣で即完売となる
「サンデーサンプルバーゲン
試作サンプル税込み500円30枚限定」と
「冬の必需アイテム・婦人裏起毛パンツ
税込み¥2052円を税込み¥1000円」
にてご奉仕いたします。

ぜひ、お出かけください!

カテゴリー: 未分類 |

高崎は城下町

久しぶりに訪問した文化会館のロビーに
人だかりができておりました。

なにごとか?と思って見にいくと
江戸時代に、
高崎にお城があったときの様子を再現したジオラマでした


これが、とてもよくできたもので
特にご年輩の皆さまが
熱心にごらんになっていました。

おそらく、ご自分が住んでいる町が
江戸時代には、どうなっていたのかを確認して
妄想されているのだと思います。

わが家は、城門に近く
まさに城下町だったのだなと思います。

また、昔は
「お江戸みたけりゃ高崎田町」
と言われていましたが
田町通りのあたりは、建物が密集していて
ずいぶんとにぎやかだったことが想像できます。

お城の背面は、
烏川をひかえて急斜面になっており
緻密に土地を考えてつくられていたことがわかります。

高崎のお城は、
徳川幕府の重臣が配置されていたようで
ゆえに、駿河大納言こと、
徳川忠長公のお墓があるのかもしれません。

このジオラマは、高崎市民であれば
一度見にいく価値があると思います。

カテゴリー: 未分類 |

高崎音楽祭

文化会館で開催された
高崎音楽祭に行ってきました。

今回のプログラムは
ソプラノ歌手である本島阿佐子さんと
ジャズピアニスト山下洋輔さんのデュオです

演奏内容は、
日本の童謡をデュオで演奏するというものでした。

本島阿佐子さんは、小学校の後輩であり
母同士と息子同士も知り合いという
親子三代で懇意にさせていただいている
お家のかたです。

山下洋輔さんは、言うまでもなく
日本のジャズピアニストの大御所ですが
自分が学生のときに
たびたび新宿のジャズクラブで拝聴して
過激なまでのエネルギーに圧倒されました。

どういう演奏になるのかなと思っていましたが
プロの声楽家の歌声というのは
まるで、自分の身体を使用した楽器のようであり
山下さんのフリーな演奏とマッチして
素晴らしいのひと言でした。

高崎市は、現在、
さまざまな施設が新設されていますが
ハードだけでなく
ソフトの充実にも苦心されているようで
市民としては、恵まれた環境であり
ありがたいことだと実感いたしました。

カテゴリー: 未分類 |

中秋の名月

「こよみ」に興味を持つと
いろいろなことがわかります。

たとえば「中秋の名月」です。

こよみの知識がないときは
「満月がきれいな空氣が澄みきった秋の夜」
ということかな?と、
なんとなく理解していましたが
中秋=秋の真ん中の日
旧暦では7・8・9月が秋
つまり「中秋」とは旧8月15日のこと
という解釈が正しいのです。

今年の旧8月15日は、10月4日ですが
その日は満月ではなく
10月6日が満月です。

ということは
「中秋の名月とは
必ずしも満月とは限らない」
のです

日本は、四季の変化がある国なので
旧暦の知識があると
より、季節の変化を実感できると感じます。

カテゴリー: 未分類 |