高崎は城下町

久しぶりに訪問した文化会館のロビーに
人だかりができておりました。

なにごとか?と思って見にいくと
江戸時代に、
高崎にお城があったときの様子を再現したジオラマでした


これが、とてもよくできたもので
特にご年輩の皆さまが
熱心にごらんになっていました。

おそらく、ご自分が住んでいる町が
江戸時代には、どうなっていたのかを確認して
妄想されているのだと思います。

わが家は、城門に近く
まさに城下町だったのだなと思います。

また、昔は
「お江戸みたけりゃ高崎田町」
と言われていましたが
田町通りのあたりは、建物が密集していて
ずいぶんとにぎやかだったことが想像できます。

お城の背面は、
烏川をひかえて急斜面になっており
緻密に土地を考えてつくられていたことがわかります。

高崎のお城は、
徳川幕府の重臣が配置されていたようで
ゆえに、駿河大納言こと、
徳川忠長公のお墓があるのかもしれません。

このジオラマは、高崎市民であれば
一度見にいく価値があると思います。

カテゴリー: 未分類 |

高崎音楽祭

文化会館で開催された
高崎音楽祭に行ってきました。

今回のプログラムは
ソプラノ歌手である本島阿佐子さんと
ジャズピアニスト山下洋輔さんのデュオです

演奏内容は、
日本の童謡をデュオで演奏するというものでした。

本島阿佐子さんは、小学校の後輩であり
母同士と息子同士も知り合いという
親子三代で懇意にさせていただいている
お家のかたです。

山下洋輔さんは、言うまでもなく
日本のジャズピアニストの大御所ですが
自分が学生のときに
たびたび新宿のジャズクラブで拝聴して
過激なまでのエネルギーに圧倒されました。

どういう演奏になるのかなと思っていましたが
プロの声楽家の歌声というのは
まるで、自分の身体を使用した楽器のようであり
山下さんのフリーな演奏とマッチして
素晴らしいのひと言でした。

高崎市は、現在、
さまざまな施設が新設されていますが
ハードだけでなく
ソフトの充実にも苦心されているようで
市民としては、恵まれた環境であり
ありがたいことだと実感いたしました。

カテゴリー: 未分類 |

中秋の名月

「こよみ」に興味を持つと
いろいろなことがわかります。

たとえば「中秋の名月」です。

こよみの知識がないときは
「満月がきれいな空氣が澄みきった秋の夜」
ということかな?と、
なんとなく理解していましたが
中秋=秋の真ん中の日
旧暦では7・8・9月が秋
つまり「中秋」とは旧8月15日のこと
という解釈が正しいのです。

今年の旧8月15日は、10月4日ですが
その日は満月ではなく
10月6日が満月です。

ということは
「中秋の名月とは
必ずしも満月とは限らない」
のです

日本は、四季の変化がある国なので
旧暦の知識があると
より、季節の変化を実感できると感じます。

カテゴリー: 未分類 |

健康こそ財産

この二年間は
すべての面において余裕がなく
一番肝心なことである
身体の健康管理において
検査や治療が先延ばしになっておりました。

このままではいかんと、一念発起して
二日間休みをいただき
病院五件をまわって
諸々の検査や、検査の予約や
治療をおこなってきました。

お金と時間はかかりましたが
この世で最も大切なことは
自分の身心が健康であることを
痛感いたしました。

どのような検査結果が出たとしても
前向きに受け止めて
現在できる、ベストな状態に改善すべく
日々努力する所存でおります。

カテゴリー: 未分類 |

9月18日は「天赦日(てんしゃにち)」です

9月18日は「天赦日(てんしゃにち)」です。

天赦日とは
「天が全てを許してくれる最上の吉日」
だそうで、季節に一回あるのだそうです。

春は「戊寅(つちのえとら)」
夏は「甲午(きのえうま)」
秋は「戊申(つちのえさる)」
冬は「甲子(きのえね)」
以上に該当する日が「天赦日」であり
大安を上回る「超ラッキーデー」なのだそうです。

「天赦日」に「一粒万倍日」が重なると
さらにツイてる日なのだそうで
この日に宝くじ売場に行くと、
のぼりが立っていることがあります。

今年は、あと一日「12月3日」が天赦日です。

自分は、こよみや占いにしたがって生きておりませんが
氣持ちを前向きにしたり
時には自己を戒めたりするのに
とても有効だと考えております。

「今日は年に数回しかない天赦日だ!」
と思って、朝からワクワクできるというだけで
とても良いことだと思っています。

カテゴリー: 未分類 |

「ぴーかんなっつ」と「玉露名人」

花と華様の売店にて
試食をすすめられたお菓子が
とても美味しかったので
ご紹介します。

こちらが「ぴーかんなっつ」です。

そして、こちらが
「玉露名人」です。

全国各地には、たくさんの銘菓がありますが
この二品は、今までいただいたお菓子の中で
かなり上位にランクされると感じました。

弊社社員にも大好評で、売り切れてしまい
自宅用しか購入できませんでした。

もしみかけたら、ぜひお試しください。

カテゴリー: 未分類 |

日帰り社員旅行に行ってきました。

9月9日(土)に
毎年の、秋の恒例行事となった
「日帰り社員バス旅行」に行ってきました。

弊社は、結果を出すためには
「全員でベクトルをそろえる」ことが必要である
と考えておりますので
社内行事は「全員参加」を基本としております。

また、全員で同時にお客様の現場を体験するため
できるだけ多くのお客様を訪問するように
計画しております。

注)高崎からの日帰りということもあり
全てのお客様を訪問することはできませんので
おじゃまできていない、すべてのお客様に
心よりおわび申し上げます。

今回は、栃木県・日光市の、
湯西川温泉「花と華」様にて
お食事とお風呂をお世話いただきました。

「花と華」様とは、
弊社「いちきゅう専科」を取り上げていただいてから
16年間のお取引きをいただいています。

「継続はチカラ也」
「あってよかった」
と言っていただけるように
今後も精進させていただく所存でおります。

宴会にて
マネージャー様より、お言葉をいただきました。

毎日、お元氣様で仕事ができることに
感謝の氣持ちをこめて
「ありがとうございます」の発声で乾杯しました。

この日いただいたお料理です。
おいしくいただきました。
ありがとうございます。

秋の快晴の一日に
美味しいお料理と、素晴らしい泉質の温泉をいただき
全員でリフレッシュできました。

これからの繁忙期に向かって
元氣に精進できそうです。

カテゴリー: 未分類 |

9月になりました。

9月になりました。

今年は、「閏5月」がありましたので
夏が長く、秋が遅いこよみになっています。

秋の到来は、前年よりも19日遅いと言われています。

朝夕は、秋の氣配ですが、まだまだ残暑は続きます。

季節の変わり目でもありますので
体調管理には、十分に注意しましょう。

 

カテゴリー: 未分類 |

五分間でできること

8月29日の朝、
出勤する準備をしておりましたら
家の中に、聞いたことが無い音が鳴り響きました。

何事かわからず
家族でおろおろしていたら
北朝鮮が、
日本の方角に向けて
ミサイルを発射したことに対する警告でした。

あわててテレビをつけてみると
各局がすべて、緊急告知画面になっておりました。

しきりにアナウンスされていたのが
「頑丈な建物の中か、地下に避難せよ。」
ということでした。

頑丈な建物といえば
自分にとっては会社ですが
移動に時間もかかるので
どうしたものか?と考えているうちに
報道がかわって
日本上空を通過したとのことでした。

警報から通過まで、約五分だったそうです。

地震の警報であれば
五分の時間で、
火を消したり
避難グッズを取りに行ったり
机の下にかくれたりと
いくつかできることがあると思います。

しかし「ミサイル」となると
五分では、どうにもしようがないと感じます。

今回の一件で
この警報システムに関して
いろいろと批判も出ているようです。

たしかに、五分では、
なんともならないかもしれませんが
自分としては、それでも
「いきなり」というのよりは
心の準備ができるだけでも
はるかに効果があると思うのです。

とりあえず、次回警報が鳴ったとき
なんの音なのかは認識できましたので
びっくりすることはなくなりました。

いずれにしても
早く朝鮮半島情勢がおさまって
できれば、二度と
警報音を聞きたくないものです。

カテゴリー: 未分類 |

半世紀

高崎卸団地組合は
創立して、今年で50周年だそうです。

半世紀の間に、流通の形態は
大きく変化しましたので
各企業も、大きな時代の波や渦を受けたと思われます。

そんな環境の中で
半世紀も組合を維持してこれたということは
先人の皆さまのご努力とご苦労があったからです。

毎日、仕事ができることに
もっと感謝しなくてはいけないと感じます。

50周年記念式典の案内をいただきました。

弊社の創業者は、組合創世記のメンバーなので
謹んで参加させていただく予定でおります。

カテゴリー: 未分類 |