ある、お医者様のSNSを読んで反省したこと

SNSにて、ある、お医者様をフォローしています。
仮にY医師としておきます。

東京の銀座で開業されており
元々は歯医者さんだったものの
増加している口腔ガンに対応していたら
昨今では、ガン患者も診察されているようです。

内容は、辛らつなものが多いのですが
「医師」という立場で、
ど真剣に、「健康」や「生命」に向き合っているために
読んでいると、考えさせられることが多いのです。

あるとき、こんな投稿がありました。
(原文のママではありません)

日本人が亡くなる原因の上位は
「ガン」「脳卒中」「心臓疾患」である。
では、この三大病の原因は何かといえば
「IQが低いから。つまりアタマが悪いから」だと言える。
厳しいことを言うようだが、一部の不幸な人を除くと
三大病にかかる要因のほとんどは、
本人の生活習慣である。
それは主に以下のものである。
①ストレス
②喫煙
③運動不足
④砂糖の摂りすぎ
⑤添加物の摂りすぎ
⑥不適切な油の摂りすぎ
ということである。

「ストレス」に関しては、現代人は誰しも避けられないのだから
身心ともに、どのように解消するか?
工夫して努力するのは、本人次第である。

「喫煙」に関しては、健康にプラスになることはほとんど無い。
自分にとってマイナスだと自覚したら、やめるだけのことである。

「運動不足」は、自分で運動すると決めて、実行するだけである。
お金がかからない運動方法など、いくらでもあるし
時間など、自分でやりくりするだけのことである。

「砂糖」「添加物」「油」に関しては、ナニを選んでナニをガマンするか?
現代は、いくらでも情報があるのだから
自分で決めて実行するだけのことである。
自分の身体を形成しているのは、自分が吸い込む空気と
自分が飲み食いしている液体と物体しかないのだから
自分の身体をつくるのは、自分自身の意志である。

人間にとって、一番重要なのは「健康」であり続けることである。
健康であることが、いかに重要でありがたいものか?
こんな簡単で当たり前のことがわかっていれば
後は、やるべきことを実行するだけのことである。
しかし、一番重要なことをやらずに
その結果、予定通りに病気になって
しかも、重篤な状態となっても、改善しようとしないのは
IQが低い=アタマが悪いとしか言い様がない。
自分は、病人を救うことに人生をかけているが
やるべきことを放棄して、重篤な病気になって
大きな手術を受けている人を目の前にすると
残念を通り越して、怒りを感じる。

こんな感じの内容でした。

とても、耳が痛くなるような内容です。

Y医師の言葉からは
健康であり続けるためには、やらなくてはいけないこと
やってはいけないことがあって
それは、はっきりとわかっているのに
なぜ、意識せず、実行せず、
せっかくの生命を無駄にするのか?
という、魂の声を感じます。

「身心の健康が第一」ということを自覚して
やるべきことをやる
やってはいけないことはやらない
当たり前のことを、日々実行していきたいと思います。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。