作成者別アーカイブ: admin

水銀式体温計

自分は、幼少期から「気管支」が弱く
季節の変わり目には「気管支炎」を発症することがあります。

半世紀も、同じ症状を体験していると
だいたい様相がわかるので
中学生以後は、病院に行くこともなく
昨今は、市販の漢方薬を飲んで
痰が切れて、咳が鎮まるのを待つだけです。

今回は、発熱があったので
こんなご時世だから、出勤と出張はひかえて
自宅の部屋に閉じこもって、静養しました。

いちおうは気になるので
備蓄してあったキットで検査したところ
陰性でありました。

噂に聞いていた、
Covid19・オミクロン株に感染⇒発症時の
自覚症状は皆無だったので
心配はしておりませんでしたが
二年間以上「37・5℃以上はNG」
ということを、毎度毎度聞かされ続けると
その数値を超えた場合は
やはりドキドキするものです。

今回、実感したことで
皆さまにもお伝えしたいことがあります。

それは
「もし、水銀式の体温計があるならば
 ぜひ大切にしておくべきである。」
ということです。

昨今の、電子式体温計は
ほんの数秒で検温できるし
デジタル表示だから見やすいし
ということで
検温に、最低5分はかかり
しかも、表示が見にくい水銀式は
なかなか使用していないのではないかと思います。

しかし、「水銀式体温計」には
以下の、重要な特長があります。

①正確に検温できる

最低5分以上と、検温に時間はかかりますが、
特に発熱時は、自分の体温を、正確に把握することができます。
電子式は、検温ごとに数値が上下したりするので
どれが正しい数値なのか?わかりにくく、不安になります。

②割らなければ、半永久的に使える。

電子式の体温計は、小さな電池で駆動しています。
いざ使おうと思ったとき、バッテリー切れしていたとしたら
予備の電池は備蓄してありますか?
ボタン式の電池は、種類が多岐にわたっているので
特殊な型の電池だと、店頭でなかなか見つからないものがあります。
また、電池があったとしても、ケースを開けるのに
小さなドライバーが必要になる場合があります。
工具は持っていますか?
さらに、昨今では、乳幼児が食べてしまって危険だということで
そもそも電池交換ができないタイプのものもあります。
だとしたら、新品の体温計を備蓄しておかないと
いざ発熱したときに、検温できなくて、
たいへん不安な状態になると思われます。

反面で、水銀式の体温計は
ガラス部分を破損しないかぎりにおいて
ほぼ、半永久的に使用することができます。
それも、特別な注意や技術が必要なのではなくて
ケースに入れて、薬箱に収納しておくだけです。

コロナ禍騒動は、まだ続くようですから
もし、水銀式体温計を見つけたら
以上のことから、今後も大切に保管することをおすすめします。

よく言われますが

「デジタル」で「オートマチック」なものは
一見便利なようであるが
意外とトラブルに弱く
トラブルが発生すると、不便なものである。
「アナログ」で「マニュアル」なものは
手間がかかって、不便なようであるが
トラブルには強いので
もしものときは、思ったより頼りになる。

ということの実例かもしれません。

カテゴリー: 未分類 |

しこだ、すりあしだ、てっぽうだ。

「しこだ、すりあしだ、てっぽうだ。」は
昭和から平成の時代に、一世を風靡した大横綱が
相撲部屋の師匠だった時代に
弟子への指導について、ブログに記載していたことばです。

また、他にも、下記は
大横綱と言われた名力士たちの発言ですが

「相撲のけいこは、しこと、すりあしと、てっぽうをしっかりやって
 あとは、三番げいことぶつかりげいこをやるだけで良い。」

「しこは、毎日、500回踏んでいる。」

「20回優勝したころから、ようやく、
 良いしこをふめるようになってきた。」

などなどがあります。

つまり、相撲取り=力士の基本は
「しこ・すりあし・てっぽう」によって創り上げられている
ということかと想像できます。

自分は、力士は、最強のアスリートだと思っていますが
強さ以上に驚異的なのは
150キロ以上の巨体で
あんな激しいことをやっていながら
腰を痛める人が少ないということです。

自分は腰痛持ちなのですが
力士の鍛錬方法の中に
腰痛を予防する秘密があると思っていたので
基本中の基本である
「しこ・すりあし・てっぽう」
について、解説している本を探していましたが
ようやく見つけることができました。

注)自分は、公私の私では、ネットで買い物しません。

さっそく読んでみましたが
まさに、「目からウロコが落ちる」内容でした。

著者は、元力士ですが
国立大学で物理学を専攻していたという経歴があり
内容は、いわゆる「根性論」ではなく
人体の構造と「しこ・すりあし・てっぽう」の効果を、
力学的にとらえた論理的なものです。

「しこ・てっぽう・すりあし」は
「鍛錬」という目的の他に
「整える」という役割があるということです。

人体は、骨・靭帯・腱・筋肉などというパーツが
複雑な構造と、絶妙なバランスで構築されていますが
正しく「しこ・すりあし・てっぽう」をおこなうことによって
身体の構造が歪んできたのを、
正しいバランスに整える効果がある
ということなのです。

内容を参考に、実行してみましたが
「しこ・すりあし・てっぽう」は
シンプルなようで、思っていたよりハードであり
正しい型で実行するのは難しく
奥が深いものなのだなと実感しました。

しかし、毎日、
日課のストレッチと体操と併せて実行し始めたら
終わった後に、なんとなくではありますが
自分の身体が「整った」という感覚があります。

今では、参考資料として
力士のけいこの動画も見れますので
正しい「しこ・すりあし・てっぽう」をできるようになって
腰痛と無縁の生活をおくれるようになりたいと感じます。

カテゴリー: 未分類 |

本来のGWが戻ってきました

ゴールデンウイーク直前の四月末に
都内から東海エリアに出張してきました。

帰路は、浜松から「こだま」に乗ったのですが
車内アナウンスにて
「本日の自由席は、多くのお客様が乗車されることが予想されます。
 空いている座席に、荷物を置かれるのは、ご遠慮ください。」
という放送がありました。

自分は、2020年・令和2年の4月以外は
ほぼ毎月、東海道線の東京⇔浜松区間を
新幹線の「こだま」で移動しておりますが
「県外移動自粛」が要請されていた時期は
東海道新幹線の車両が
ほぼ、貸し切りに近い状態のときがありました。

上記のような放送を聞いたのは
コロナ禍騒動以前から、久しぶりのことです。

今回の出張では、どこも人出があり
若い世代から、シニア世代まで、
ようやく、世の中全体が動き始めた
という実感がありました。

思えば、この三年間のGWは

2020・令和二年
全国一斉休校に続いて、
全国一斉の緊急事態宣言発出が延長となり
「ステイホーム」「外出自粛」を要請されたため
人の移動や活動は、ほとんど無し。

2021・令和三年
「デルタ株」感染拡大のために
大都市圏と周辺都道府県は緊急事態宣言等が発出され
「イベント開催」「旅行」「帰省」などは
自粛されることが求められた。

という経過であったので、まるまる二年分
お花見⇒ゴールデンウイーク⇒夏休み
の期間が、空白となっておりました。

ゴールデンウイークとは、
新生活がスタートした一か月後に
「初夏から夏に向かう時期」であり
年間で、もっとも光輝く、躍動の季節であるはずです。

それが、二年間にわたり
大はばに制限されて、ほぼ無かったのですから
社会全体が、身心ともに、
ウイルス感染以上に病んでしまっていた
ように感じるのです。

今年は、久しぶりに
自治体からの制約が、大幅に緩和されたGWです。
(マスク着用、ワクチン、検温などの制約は継続していますが。)

未だに慎重な人もおられますが

⇒二年間にわたり、毎日毎日、朝から晩まで、
 陽性者数(注・感染者数ではない)の増減と、ワクチン接種について
 あれだけテレビ、新聞、ラジオで繰り返されたら
 それは、しかたがないことだと思います。

ようやく、世の中が復旧してきたようで
たいへん、喜ばしいと感じます。
 

カテゴリー: 未分類 |

「春の上州どっと楽市」に出店しました

4月23日(土)と24日(日)の二日間
高崎問屋町ビッグキューブ他で開催された
「春の上州どっと楽市」に出店しました。

今回は、第30回記念開催となりました。

弊社は、第一回目から、休まずに毎回出店しています。

年間二回が基本なので
30回ということは、15年続けてきたということです。

この間の、運営本部の皆様の努力とご苦労に
改めて敬意と感謝の気持ちを実感いたします。

コロナ禍騒動が始まって、二年以上が経過しましたが
今回は、久しぶりに
二日間開催
アルコールの販売あり
イベントあり
屋外での飲食可能
という、本来のスタイルでした。

感染騒動は継続しておりますので
個人情報の提出
検温
マスクの着用
出入口を分けての入退場チェック
などの制約はありましたが
二日間、大きなトラブルも無く
無事にイベントを実行することができました。

コロナ禍二年間を経過しての開催にて
今回、二日間、売り場に立ってみて感じたことは

①以前よりも、お客様の滞留時間が短くなった。

⇒明らかに、コロナ禍での生活習慣の影響かと思われます。

②おカネの使い方は慎重である。

⇒物価上昇・コロナ禍の継続・海外での戦争など
 不安要素が強いため、生活防衛の意識なのかと感じました。

③年代層が幅広くなった

⇒コロナ禍以前より、年代層が広がったと感じました。
 売り場におけるお客様の声からも
 皆さま、イベント再開を待っていたように感じます。

などなどです。

一番実感したことは、
「上州どっと楽市」が長年開催してきた実績によって、
多くのお客様から、
「あってよかった」イベントとして、定着している
ということです。

今回の開催が、
高崎市内の皆様を
コロナ禍以前の世の中に復旧させていく
ひとつのきっかけとなるようであれば
出店者として、うれしい限りです。

カテゴリー: 未分類 |

春満開になりますように

4月5日は、24節氣の「清明」です。

高崎市の桜も、満開になりました。

こちらは、観音山中腹から見た
高崎市役所付近の風景です。

この二年間においても
毎年、季節は「春」をむかえて
桜が満開となり、うぐいすが鳴き、つばめがやってきました。

しかし、われわれ人間だけは
「新型コロナウイルス感染騒動」のため
制限のある生活を強要されてきましたので
本来、桜の季節に感じるような
「春の慶び」を実感することはできませんでした。

今年は、市内の公園には、
多くの人が、「桜」をながめに来ています。

未だに、感染騒動は終息してはおりませんが
少しずつ、身心のストレスが軽減されて
日常生活が回復してきています。

ここから、
名実ともに、
身心ともに
「春」を満喫できて
初夏に向かっていけたらと願います。

カテゴリー: 未分類 |

枝を伐採していただきました

弊社の外周には、防風のために「いぶき」が植えてあります。
いぶきは、生育が早く、特に南側は日当たりが良いので
枝が伸びるのが早く、電線にかかるようになっていました。

今までは、社内メンバーで、伸びた枝を伐採していましたが
伐採する位置が高くなってきて、
素人では危険なレベルになりましたので
東京電力様に相談したところ
専門の部署があるとのことで、無料で伐採していただけることになりました。

さすがは、プロの仕事で
専用重機を使用して、手際よく伐採していただきました。

これで、しばらくは安心です。

お手間いただき、ありがとうございます。

また伸びてきたら、よろしくご協力ください。

カテゴリー: 未分類 |

お白湯

過日、営業回りの移動中に
車内で、ラジオを聴いていたら
歌手の森口博子さんが、ゲスト出演していました。

トークの中で、若さと健康の秘訣という質問に対して
「水分補給は“お白湯”で摂っている」
と言っておりました。
いわく
◇水分補給は重要。
◇お白湯は、おなかをあたためるので、免疫力を上げる。
ということで、
某コンビニの知り合いに、繰り返しお願いした結果
ペットボトルの「白湯」が商品化してテスト販売されるので
定番商品になるように、見かけたら、ぜひ買ってほしい。
とのことでした。

自分も、少し前に、行きつけの接骨院の先生に
以下のご指導をいただきました。
◆水分が不足すると、筋肉や関節を傷めやすいので
 一日に2リットルは摂るべきである。
◆コロナ禍で、マスクをしているため
 コロナ禍以前よりも、水分を摂っていないので
 より意識するべきである。
◆ただし、お茶やコーヒーは、利尿作用がある。
 お茶で水分を摂ったつもりでも、尿で排出されるので
 逆に水分が不足してしまう場合がある。
◆水分は、水で摂らなければいけないが
 水は、身体を冷やすので、できれば白湯が良い。
このような概要です。

今までは、朝にわかした「びわ茶をブレンドした番茶」を
水筒にいれて持参していましたが
ここ最近では、持ち歩くのは「お白湯」にしています。

自分は、頻尿で、トイレは近いのですが
以前よりも、トイレに行く回数が減ったように感じます。

未だ、covid19=オミクロン株は終息していないので
しっかりと「お白湯」で水分補給&免疫アップして
健康を維持していおきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 |

キャッシュレスの時代です

弊社直営の「健康ショップお元氣ですか」では
ここ数年で、キャッシュレスでお支払いするお客様が
急に増えてきました。

現状では、半分以上のお客様が
現金以外でのお支払いとなっております。

おそらく、コロナ禍騒動の影響で
「なるべく、非接触。」というマインドが
大きく関与しているのだと思われます。

キャッシュレスの時代にあわせて
お客様に、以下の件につき
よろしくご協力いただきたく、お願い申し上げます。

①「クレジットカード」でお支払いのお客様へ

「暗証番号入力が、他人から見えないように。」
とのご要望をいただきましたので
端末機器に、手づくりのカバーを用意させていただきました。

しかし、これでも不安だというお客様は
ご自身の手でかくしていただけますよう
よろしくご協力ください。

②「ペイペイ」「auペイ」でお支払いのお客様へ

お支払い操作が完了したことを
レジスタッフが確認させていただきます。

以上です。

キャッシュレスの時代を、
スムースに店舗運営するため
よろしくご理解のほど、お願いいたします。

カテゴリー: 未分類 |

三回目の春がきました

わが家の庭の梅が花を咲かせました。

思えば、コロナ禍騒動が始まってから
三回目の開花となります。

中国の武漢で発生した、新型ウイルスは
全世界に感染が拡大して
現在、第六波の「オミクロン株」感染騒動です。

「武漢肺炎」の当初は
◇人類が未体験の新型ウイルス
◇感染力が高い
◇感染して発症すると、高い確率で肺炎となり
 死亡することが多い。
◇未知のウイルスなので、ワクチンもクスリもなく
 対処法すらわからない。
という、いわば
「人類が経験したことがない殺人ウイルス」
ということでした。

二年間変異を繰り返して、
ほとんどの人が、ワクチンを二回接種して
概要がわかってきた状況下での
オミクロン株騒動ですが
症状の有無はともかくとして
検査して、陽性反応になった人は
同じく、症状の有無や重篤度合は別にして
一定期間、厳重に隔離され
同居している家族も、濃厚接触者扱いになり
同じく症状の有無は別にして、外出禁止となる。
ということのようです。

自分の知人は、陽性反応の隔離状態にて
一日だけ38℃台の発熱。
家族は濃厚接触者となり、一週間の自宅待機ですが
症状は無く、健康そのもの
という状況でした。

当初とは、ずいぶんと内容が違っており
もはや、誰が・何に対して・何を怖がっているのか?
よくわからない状況でありますが
共通しているのは、ずっと社会活動が制限されている
ということです。

この二年間の騒動を振り返ってみると
おかしいと思うことや、矛盾だらけでした。

自然界は、あたりまえのように
季節が移行していますが
人間だけが変わらずに
同じ場所に停滞しているように思えます。

カテゴリー: 未分類 |

37.5℃

過日、出張から帰宅したら
数日にわたり、体温が37.2℃~37.4℃でした。

自分は、20年以上前に、健康ショップのセミナーにて
東洋医学の先生にレクチャーをいただき
「低体温は免疫が低下する」
「健康を維持するための体温は36.8±0.4=36.4~37.2が理想」
「発熱は健康な証拠。薬で不要に下げてはいけない」
と認識して生活してきました。

また、食後に検温すると
一時的に、37℃台後半まで体温が上がることは
珍しいことではありません。

さらに、このときは
「カゼ」をひいたときの症状がまったくなかったので
心配もしていませんでした。

しかし、この二年間は、どこに行っても
「37.5℃以上は感染の可能性あり」
ということがクローズアップされていますので
なんだか、キモチ悪いなと思ってしまいました。

結果的に、一万歩程度ウオーキングしてきたら
36℃台に下がったので、なんともなかったわけですが
「37.5℃」
という数字が誤解されて
「37.0℃だけど、念のために薬を飲んでおこう。」
という思考にならないことが、重要だと感じます。

カテゴリー: 未分類 |