オーガニック青汁

弊社の店舗スタッフから
強力に薦められたうえで
現在、愛用している商品を紹介します。

オーガニック青汁です。

スティック状の顆粒になっており
15本入りで、500円/税込540円です。

つまり、スティック1本あたり
税込36円ということになります。

「青汁」は、ケミカルのサプリメントと異なり
天然成分の、健康メリットが、たくさんある
と言われています。

⇒詳細は割愛しますので、ネット検索してください。

血圧を下げる効果も期待できる
とのことなので、興味はあったのですが
なにせ、今までに試したものが
ことごとく「おいしくない」だったので
敬遠しておりました。

しかし、上記スタッフがが
「飲みやすい」
「カンタンに溶ける」
「おねごろ」
「おいしい」
と薦めるので
ひと箱購入して、試してみました。
すると、「美味い!」とは思いませんでしたが
飲むのに苦痛は感じなかったので
しばらく、続けてみることにしました。

寝起きのドリンクに
ピッタリなのではと感じますので
数値の安定を期待したいと思います。

カテゴリー: 未分類 |

「熱中症」に注意しましょう。

7月になって、すでに「猛暑日」が続いています。

当社におきましては、老人介護施設様に出入りしておりますので
現在でも、人と接するときは「マスク着用」を奨励しています。
しかし、熱中症のリスクがあるので
不要なときは、こまめにマスクを外すことをお願いしています。

自分は、これまでに数回「熱中症」になったことがあります。
一番ひどかったときは、15年ほど前に
インフルエンザ発症時と同じくらいの発熱がありました。
このときは、猛暑日ではなく
曇っていて、気温は高くなかったものの、蒸し暑い日でした。
そのときの経験から、「熱中症」とは
気温が高い日だけ注意すれば良いのではない
ということを知りました。

また、一応、内科医に行って、受診したら
「発熱しているので、感染症では?」
との診断で、抗生物質などを処方されました。
もちろん服用しませんでしたが
以上のことから、「熱中症」対策は
自分でやるしかないということを実感しました。

暑い中で作業をして
オーバーヒートを実感したら
◆水分を補給する
◆風にあたって身体をクールダウンする
ことに加えて
◆わきの下や、首を冷やす。
ことが効果的だとのことです。
理由は、わきの下と首には
太い血管があるので
そこに、凍らせたペットボトルなどをあてることによって
血液を冷やすことができるからだそうです。
また、水分だけでなく「ミネラル」も補給しないと
筋肉がけいれんしたりします。

お彼岸までは、夏の陽氣です。
「熱中症」に十分に注意して、
「夏」を満喫しましょう。

カテゴリー: 未分類 |

「ゴールド」に復活しました。

今月の前半に
案内が届いたので
運転免許証の更新に行ってきました。

前回の更新時には
違反があったので
長年継続してきた
「優良=ゴールド」ではなくなりました。

その後、今回に至るまで
違反と事故が無かったので
無事に「優良=ゴールド免許」に
復活することができました。

次回まで
というよりも
いつか免許証を返納するまで
ずっと「ゴールド」でいられるように
意識して運転する所存でおります。

今回の免許更新にて
視力検査をおこなったら
裸眼で見えているとの査定により
運転条件に「眼鏡等」の項目が無くなりました。

自分は、視力が悪いので
学生時代に運転免許証を取得して以来
ずっと、運転には「メガネ」が条件でした。

おそらく、加齢によって
「老眼」が進行したのが要因ですが
喜ばしいことなのか
嘆かわしいことなのか
複雑な心境です。

いずれにしても
「安全運転最優先」なので
条件が変更されたとしても
平常時には、メガネを使用しているので
ひきつづき、メガネをかけて運転します。

それと、進言があります。
自分の運転免許証は
「平成15年取得」と記載されています。
しかし、実際に取得したのは昭和61年です。
これは、以前、引越ししたときに
免許証更新の通知が手元に届かなかったので
気づいたときには、手続き期間が終了していて
「失効」したことがあるからです。

再発行の手続きは
かなり面倒だったので
ぜひ、皆さまも
免許証更新の期限には
十分にご注意ください

カテゴリー: 未分類 |

引き続きお知らせです

2019年に、中国の武漢で始まった、新型肺炎は
「COV19=新型コロナウイルス」として
2020年から、世界中に感染拡大しました。
その後、変異を繰り返して
日本では、2023年の5月まで
行政とマスコミ主導にて、
行動規制を強制されてきました。
最近では、規制が緩和されたうえに
症状が軽くなったためか
報道がなくなったので
世の中の動向は、かなりコロナ禍前に戻ってきました。

当社のお客様である「老人介護施設」様は
コロナ禍騒動期間中は、運営にご苦労されてきました。
まだ、それなりに感染者は出ておりますが
ようやく、「家族会」も復活しつつあります。

当社に対しても「お買い物会」の
リクエストやお問い合わせが
急激に増えてきました。
4年ぶりに復活するお客様が多いので
今年は、老人介護施設様のご要望には
最優先でお応えする考えでおります。

そのため、営業以外のメンバーが
手伝いで外出することが多くなりますので
平日にお電話をいただいても
留守番電話になっている可能性があります。

ご迷惑をおかけいたしますが
よろしくご理解のうえ
急ぎのご用件の場合は
各担当者の携帯電話に
ご連絡いただけますよう、
お願い申し上げます。

カテゴリー: 未分類 |

「マスク」着用について

GWあけに、九州エリアに出張してきました。

東京も、福岡も、連休あけにもかかわらず
若い世代から、シニア・シルバー世代まで
人出が目に見えて多くなってきました。
合わせて、外国人の観光客も増えてきて
特に都内は、円安の影響もあってか
様々な国からの観光客であふれています。

最近では、「マスク」を着用する人が減ってきました。
上記の、海外からの観光客は、自分の感覚では
ほぼ「マスク着用率0%」だと思います。

注)つまり、諸外国の現状においては
 「新型コロナウイルス」に関する意識は
 そういうレベルなのだろうと想像できます。

日本人についても、マスク着用率は
都内では、だいたい10~20%くらいだと思います。
ネットのSNSでは、いまだにマスクを着用している人を
「情報弱者」として、批判する投稿もあるようです。

当社におきましては
お客様の業種の中に
「老人介護施設」様と
「宿泊業者」様があります。

老人介護施設におきましては
現在でも、クラスターが発生して
職員様が対応に追われているのは
珍しいことではありません。
ゆえに、施設の職員様は
マスクの着用は必須であり
訪問する、われわれ外部業者も
同様であります。

ゆえに、お客様に不安を感じさせないために
社内でも、他者と接するときは
マスク着用の徹底をお願いしております。

ただし、これから「熱中症」の時期なので
不要なときは、こまめにマスクを外すことも
あわせてお願いしています。

よろしくご理解ください。

カテゴリー: 未分類 |

元通りの生活へ

群馬県から、スマホに連絡があり
令和6年の4月1日から
新型コロナウイルスの対応が通常医療体制となり
ワクチンなどの公費負担が終了する
とのお知らせがありました。

これでようやく、
公的に、コロナ禍騒動終息の判断をした
ということかと理解しています。

当社は、老人介護施設様に出入りしているので
施設様の職員様に、ストレスをかけないように
社内での行動には注意してきました。

そのため、コロナ禍以前に行っていたことで
保留にしていたことが、いくつかあります。

引き続き、現場の状況には注意しつつ
必要なことは、
少しずつ、戻していこうと思っています。

そのうちのひとつとして
前週から「ラジオ体操」を復活しました。

当社は、毎週火曜日が定例出荷日なので
作業前の準備運動として
全員で「ラジオ体操」をおこなっていました。

しかし、コロナ禍期間中の
「三密回避」のため
しばらくおこなっていませんでした。

以下、
5年ぶりに「ラジオ体操」をやった感想です。

①意外に覚えているものだ

②ラジオ体操は、完成度が高い。

③真面目にやると、思った以上にキツい。

ということです。

自分の場合は、
コロナ禍期間中に「腰痛」になったので
いくつかのパートは、
やりにくくなっているのに、びっくりしました。

当面の個人的な課題は
ラジオ体操が、ストレスなく
スムースにできることです。

カテゴリー: 未分類 |

旧暦と新暦

当社は、先代の時代から
「旧暦」の情報について
意識するようにしてきました。

「旧暦」は「農歴」でもあり
季節の移行についての情報がわかりやすく
当社は、シーズン性がある商品を
取り扱っているからです。

ところが、現代の日本は
「新暦」で世の中が動いているので
「旧暦で考えて新暦で売る」
「今年の旧暦を新暦にアジャストする」
ということが必要になると思っています。

たとえば、2024年の旧暦は
「春の到来が前年より18日遅い」
となっております。

昨今の報道にて
「今年は桜の開花が遅い」
とのことですが
自分は、上記のとおりで
「春は半月以上遅いのだから
 桜の開花も遅いのでは?」
と理解しています。

「旧暦」は、
長年使われていた「こよみ」なので
情報過多の現代だからこそ
見直す価値があるように感じています。

カテゴリー: 未分類 |

スギナ茶

注)
以前、「ナンテンの実」を乾燥させて煎じて飲む
いわゆる「南天茶」が、咳に良いという情報を聞き、
試している
と書きました。
実際に試飲してみると、飲みやすいのですが
あるかたから
「南天の実には毒性があり、小さな子どもやイヌには
 よろしくないものである」
という情報も聞きました。
わが家には、イヌがいるので、使用を中止することにしました。
あわせて投稿も削除しました。

東海のお客様を訪問したら
売店様にて「スギナ茶」が売られていました。

価格が330円と、お値ごろであるうえに
「スギナ」は、健康効果があると聞いていたので
購入して、試してみることにしました。

帰宅して、さっそく説明通りに淹れてみましたが
においと味にクセがあり
「薬草茶を飲んでいる」
という気分になりました。

しかし、飲むのが苦痛なほどではなく
そもそも、多量に摂るものではないらしいので
続けられそうです。

ネットで調べてみたら
「スギナ」は、生命力が強い植物であり
以下のような健康効果があるようです。

◇ビタミンが豊富(A・C・E)
◇ミネラルが豊富(リン・カリウム・カルシウム・マグネシウム)
◇利尿作用があり、ナトリウムを排出する。
◇腎臓の機能アップ
◇デトックス効果がある。
◇ケイ素が血液をキレイにして、血流を改善する。
◇美肌効果と美髪効果がある。
◇自律神経を整える効果がある

などなどです。

しかし、カフェインを含むので
妊婦や乳幼児はNGとのことであり
多量摂取も逆効果とのことです。

仕込むのは、ごくごく簡単なので
沸かしたものを保存しておき
毎朝のドリンクに加えることにしました。

今までの定番は

①長沢オリゴ入り梅番茶

梅干しにすりおろしショウガのしぼり汁を入れて
よく練ったものに、沸かした番茶を注いだものです
そこに、長沢オリゴをスプーン一杯入れます
材料は、すべてオーガニックです。
健康効果は
身体をあたためる
血流アップ
腸の活性化
などです

②漢方ドリンク 

クコの実と陳皮を数粒
小カップの水に一晩浸したものです。
ともに、中国物産専門店で購入したもので
有機栽培・無添加です。
健康効果は、おもに
血流アップ
です。

上記2種のドリンクは
東洋医学の専門家に教えていただいたものです。

ここに「ヨモギ茶」を加えて
毎朝のルーティンにする予定です。

カテゴリー: 未分類 |

「啓蟄」の日に思うこと

3月5日は、24節氣の「啓蟄(けいちつ)」です。

「地面があたたまって
 地中にて冬ごもりしていた虫たちが目覚めて
 地表に出現するころ」
という意味だそうです。

陽氣は日に日に
「春」を実感できるようになってきました。

しかし、未だしばらくは「三寒四温」であり
「冬」が終わったわけではありません。

記憶に残っていることがあります。

自分は、学生時代に、
「体育会」の運動部に所属しており
約40年前の春休み期間である三月後半に
東京の、日野市にて、春の合宿をしていました。
そのとき、合宿期間中に
突如大雪が降りました。
体育館が崩壊するほどの大雪であり
もちろん、合宿は、途中で中止となりました。

という体験をしているので
東京の八王子エリアでも
三月後半に「雪」が降ることはある
という意識でおります。

ゆえに、お彼岸までは
ノーマルタイヤへのタイヤ交換は
しないことにしています。

皆様も
三寒四温による体調管理と同時に
「冬=雪」への備えも
もうしばらくの期間は、
継続されることをお勧めいたします。

カテゴリー: 未分類 |

飛行機に乗るときは

今年は
元日に「北陸地震」
1月2日に「羽田空港飛行機炎上事故」
という、新年早々、大きな災害と事故が相次ぎました。

自分は、災害や事故が発生したときは
お見舞いを申し上げるのと同時に
不足している部分を確認して
修正することが重要だと考えています。

今回の飛行機事故では
乗客全員無事だったとのことですが
避難は、緊急を要するので
棚から荷物を持ち出すことはできなかったようです。

自分の場合は
飛行機で出張する機会がありますが
機内では
財布&名刺入れと
ペットボトルの水と
機内で読む本
だけ手元において
それ以外は、
リュックサックに入れてカギをかけて
棚に入れておりました。

これだと、同じ事態に遭遇したときは
貴重品を紛失することになります。

さっそく、リユースショップに行って
小さめなショルダーバッグを購入してきました。

注)リユースショップでは、
 「コーチ」のバッグは
 品質に対して、お値ごろなので
 (自分が買ったバッグは¥2,900円でした)
 実用品として、重宝します。

 

前週に、九州出張したとき
移動中の飛行機機内では
さっそくショルダーバッグに
財布
現金
クレジットカード
免許証
保険証
航空チケット
カギ 
常備薬
を入れて、手元に置くことにしました。

移動中、多少ジャマではありますが
安心感には代えられないと感じました。

カテゴリー: 未分類 |