「健康」を獲得するために

7月に、盛和塾世界大会に参加したときに
「まずは、身心ともに健康であり続ける。」ことを決意しました。

健康でないと、「やりたいこと・やらなくてはいけないこと」が
実行できないからです。

以前から、社内でも繰り返し発言しておりますが
「身心の健康とは、当たり前に得られるものではない。
まず、健康とはどういうことなのかを具体的にイメージする。
次に、健康でありたいと、強く願望する。
次に、健康であるために、何が必要なのか?情報収集する。
次に、収集した情報を取捨選択して、勉強する。
次に、得た情報を基に、健康であるために、どんな生活をするか、計画を立てる。
次に、健康であるための、具体的な目標数値を設定する。
次に、健康維持のために、時間とお金と労力を投資する。
次に、日々の数値を記録して、数値が改善すれば継続し、変化なければ計画を見直す。」
ということが必要だと考えています

また、自分にとって、「身体が健康である」とは、以下のようなことです。

「正常で良質な状態の血液が、体内の隅々まで
スムースに循環しているということ。」
その結果の自覚症状としては
「痛くない」
「ドキドキしない(循環器正常安定)」
「ゼエゼエしない(呼吸器正常安定)」
「ゴロゴロしない(消化器正常安定)」
「眠くない(十分な睡眠)」
「暑くも寒くもない(体温正常安定)」
という状態であります。

そういう状態を維持するための目標数値は

◆体温:36.8度プラスマイナス0.4度
   (つまり36.4度~37.2度)
◆血圧135/85以内
◆朝一番でスムースな排尿排便あり

と設定して、毎日記録に残しています。

しかし、ここ数年、健康とはいえない状態であり
原因は、「運動不足による体重オーバー」だと考えました。

そこで、「走る」ことにしました。

今までは、時間が確保できないことを言い訳にしていましたが、
出張先ならできるということを
大学の後輩のSNSから、ヒントをもらったのです。

さっそく、一式そろえてみました。

荷物が重くなるので、シューズもウエアも時計も
軽くて乾きやすいものを選びました。

また、長年運動部に所属していたものの
ランニングの基礎知識が無いので
簡単な参考書も購入してきました。

さっそく、出張先で始めてみましたが
びっくりするくらいに走れなくて、衝撃を受けました。

また、たいして、走っていないのに
あちこちの関節や筋肉が痛くなりました。

それでも、長く続けることを最大の目標として
キツかったら、無理せず歩くようにして
一ヶ月が経過しました。

ストレッチ

ラン&ウオーク

スクワット

ストレッチ

雨が降っていたら、ホテルの階段上り下り

というセットを、朝か夜
あるいは朝と夜の両方に
短いときで30分
長いときは1時間以上
実行していたら、明らかに身体が活性化してきました。

体重も少し減り
何よりも、血圧が安定してきました。

最近では、ゆっくりなら、30分続けて走れるようになり
何よりも、氣分爽快につき、
在宅時も、時間があるときは実行しています。

年内には、体重を目標の数値以下に落としたいと考えています。

自分の健康を維持するための努力は
実は、とても楽しいことであると実感しています。

カテゴリー: 未分類 |

シャワートイレ問題

誰も提起しませんが、
最近、問題だなと思っていることがあります。

それは
「シャワートイレに不具合があるものが増えてきた」
ということです。

「シャワートイレ」が普及して
そろそろ四半世紀以上経つと思われます。

自分も、初めて使用したときは、衝撃を受けました。

立ち上がると水が出ない技術にも
感心させられたものです。

余談ですが、最近、韓国が何かと騒がしいですが
数年前に出張したとき、
韓国にも、シャワートイレが普及してきておりました。
しかし、空港やホテルのシャワートイレを使ったら
いきなり水が出て、ズボンがびしょ濡れになったことが
数回あります。
センサーが感知して、水を制御するのは
かなり高度な技術だということを実感しました。

自分は、大腸を数回手術したことがあるので
清潔第一を考えるため
行動範囲において、どこにシャワートイレがあるかは
だいたい把握しています。

また、宿泊するホテルの最低条件は
シャワートイレ完備ということです。

ところが最近、シャワートイレが不調で
水が出ないことが、たまにあります。

ホテルをチェックアウトするときは
次回のために、フロントに申告しますが
(クレームではありません。あくまでも次回のためです。)
今使えなければ、意味が無いわけです。

想像ですが、シャワートイレも、
設置して30年経つと、あちこち劣化して
不具合が出てくるということなのでしょうが
いちいち座ってチェックしていないから
放置されているのだと思われます。

とりあえず、各施設でチェックを強化いただいたうえ
メンテナンスを強化いただき
快適に利用させていただきたく、お願いいたします。

カテゴリー: 未分類 |

「おもてなし」とは

モノレールの羽田空港駅に、
こんな表示の自販機がありました。

以前は氣づきませんでしたので
おそらく、今秋のラグビーワールドカップから
来年の東京オリンピックに向けて
たくさんの海外から来る外国人用だと思われます。

キャッシュレス社会とは言われますが
今すぐ、全てが電子化されるわけではありません。

自分は、いろんな場面で
海外から来た観光客が
お支払いのときに、小銭選びに戸惑っている現場を
たびたび見かけたことがあります。

自分が海外に行ったときも同様で
そのために、面倒になって、
海外の小銭がたまっていきますが
よく考えたら「おカネ」ですから
きわめてもったいないことです。

そう考えると
このような表示は、たいへん親切だと感じます。

「おもてなし」とは
おおげさなことではなく
このように、小さなことなのではないかと
感じさせられました。

カテゴリー: 未分類 |

盛和塾最後の世界大会に参加しました

盛和塾の世界大会に参加してきました。

盛和塾とは、京セラとKDDIの創業者であり
JAL再生を、会長として実行した
稲盛和夫様が主催する、経営塾です。

日本だけでなく、世界中に塾生が居り
総数で1万5千人だそうです。

近年では、稲盛和夫様の著書は
日本国内よりも、中国のほうが
販売部数が多いのだそうです。

そんな盛和塾ですが、本年末で解散となりました。

理由は、稲盛塾長が87歳というご高齢で
体力的に継続が困難だからです。

今までも、ご本人が、
「盛和塾は、自分一代限りのもので
自分ができなくなったら終了」
と、繰り返し言われておりました。

「もし、仲間で勉強会を継続したいのであれば
そのときは、「稲盛和夫」「盛和塾」という言葉は使わず
別の組織としておこなうように。」
と、言われていると聴いたことがあります。

たしかに、稲盛和夫様以外の人が語ると
必ず別の人の言葉になってしまいますので
それはしかたがないことなのかと思います。

四半世紀にわたって、
年一回開催されてきた「全国大会」は
どんどん規模が大きくなって
いつのころからか「世界大会」と呼称が変わりました。

最近では、奥様同伴で参加していましたが
今回は、最後の大会ということもあり
塾生本人のみ受付となっておりました。

最後なので、参加させていただきましたが
世界中から集まった塾生は4700人でした。

このお弁当をいただくのも、今回が最後となります。

稲盛塾長は、欠席でしたが
二日間にわたって、六名の塾生から
壮絶なる体験発表をいただきました。

特に、グランドフィナーレとなった
六人目の経営体験発表は
あまりにもすさまじくて
途中から、涙が止まりませんでした。

自分も、21世紀と平成を振り返ると
いろんなことがあり
嫌なことや、つらいことや、苦しいことのほうが
圧倒的に多かったと思っていましたが
自分の苦労なんて、チョロいもんなのであり
努力しているうちにも入らないということが
痛感させられた二日間でした。

自分が、盛和塾に入塾させていただいたのが
1996年ですから、23年間も在籍しています。

入塾当時は、群馬支部で一番の若手でありましたが
いつのまにか、中堅塾生となっておりました。

そのわりには、幽霊塾生の万年落第生で
一歩も進級できなかったことは
ただひたすら、赤面する思いです。

稲盛塾長最後のご講演は、代読ではありましたが
今までに繰り返しご指導いただいた内容ですが
心に突き刺さるものでした。

「塾生皆さんのやるべきことは
皆さんの会社に所属している、
全従業員の皆さまの
物心両面の幸せを実現することです。
そのために必要なこととは
正しいことを思って、心を高めて
何より、計数管理は、しっかりしたうえで
誰よりも努力して、良い業績の会社にすることです。
実は、この世は
美しい心で、ど真剣に努力すれば
宇宙の法則が後押しして
必ず成功するようにできているのです。
じっさいに、私がそうでしたので
体験者として申し上げるのです。
ぜひ、私の言葉を信じて
毎日、一生懸命精進して、素晴らしい会社をつくって
世の中に貢献してください。」

手つかずの宿題は、山積みで残っております。
これから死ぬまでかけてど真剣に勉強しなおして、
やるべきことから実践して
23年間のうちに、自分を追い抜いていった皆さんに
少しでも近づくよう、精進いたします。

カテゴリー: 未分類 |

期日前投票に行ってきました

 

今月は
参議院議員の選挙と、群馬県知事の選挙です。

弊社は、日曜日にも、朝早くから
終日営業活動に出かける機会が多々あるので
社員とパートの皆さまには
時間のやり繰りをして
ぜひ、期日前投票に行っていただくように
お願いしております。

われわれ夫婦も、投票を済ませてきました。

投票所も近所だし
この制度は、本当にありがたいと感じています。

今回は、ともに前職ではなく、
新人候補の選挙となります。

新たな令和の時代に、
政治の世界でも、新しい潮流を期待します。

カテゴリー: 未分類 |

詐欺メール

毎週、出張から帰ってきて
パソコンのメールを開くと、たくさんのメールが届いています。

そのほとんどがゴミメールですが
いわゆる『詐欺メール』は
次から次へと、新しいパターンのものが届くので
一瞬、これはどうなのか?と思ってしまうものもあります。

今回は、こんなものが届いていました。

アマゾンなどめったに利用しないし
そもそもアマゾンからブロックされる覚えなどないのですが
なんとなくそれっぽいので
一瞬、なにかのトラブルがあったのか?
と思ってしまいがちです。

そんなときのチェック方法として
教えていただいたのが、以下の通りです。

まず、メールのプロパティをチェックします。

そして、送信元のアカウントをチェックします。

アカウントの「@以下」が、あやしいものだったら
詐欺メール確定なので
絶対に開けてはいけないということです。

今回のは、アカウントを見ると
「.cn」となっていますので
中国から送信されたもののようです。

ネット社会は、エリアと時間について
従来の常識が通用しないので
慎重に利用せねばということのようです。

カテゴリー: 未分類 |

売上を増やして経費を減らす

最近の出張にて、東京から名古屋に移動するときは
浜松に泊まって、
翌朝、東海道線で名古屋に移動しています。
理由は単純で、多少時間はかかるものの
経費が安上がりだからです。

まず、浜松は、ホテルがお値ごろなのです。

浜松駅周辺は、80万都市にもかかわらず
宿泊料金が安いビジネスホテルがたくさんあります。

駅から200メートル程度の場所に
朝食付きで5千円以内のホテルがいくつもありますが
劣悪な環境ではなく、ごくごく普通のお部屋です。

注)ただし、浜松駅周辺は、大きな会議やイベントがあると
まったく宿の予約ができないので、注意が必要です。

それに、割安のキップが売られているからです。

駅周辺にある、金券ショップの自販機で
常備販売されているキップですが
なんと510円も安くて、通常価格の74%です。

自動改札は通過できませんが
別に、不便を感じたことはありません。

不思議なことに、このキップは
名古屋では販売されていないのです。

ゆえに、名古屋から浜松に戻る予定のときは
復路の分も購入したほうが、経費削減になります。

我が心のお師匠様である
京セラ・KDDI・JALの稲盛和夫様の言葉です。

「儲けるということは、きわめてシンプルで簡単だ。
売上を増やして、経費を減らせば、自然と儲かるものだ。
では、どういう目標を立てるかというと
売上は、これ以上ない次元・つまり極大に増やし
経費は、これ以下はない次元・つまり極小まで減らす
ということだ。
小さな目標を立てて、これで良しと満足しないことだ。
やる前から、自分で限界を設定していては
大きな目標など、達成できるはずがない。
潜在意識に透徹するほどの、強い願望を持ち
知恵と創意工夫で、誰にも負けない努力を重ねれば
売上拡大も、経費削減も、必ずできることである。」

というものです。

自分自身は、以上のことは、まったくできておりませんが
それでも、常に意識していると
ほんの些細な、経費の使い方でも
「待てよ、もっとなんか良い方法があるのでは?」
と考えて、行動するようになるものです。

今後も、売上を増やすことと、利益を減らすことには
現在に満足することなく、
日々取り組んでいきたいと思っております。

カテゴリー: 未分類 |

自慢できない世界一

日本には、いろいろな世界一があると思われますが
こちらは
「自慢できない・不名誉な」世界一10選です。

ある、著名なお医者様が、SNSにて
こんな書き込みをしていました。

「日本では、食中毒が発生すると
まるで、お国の一大事かのごとく
マスコミを中心に大騒ぎする。
食中毒を発生させた飲食店を
マスコミが糾弾している様子は
まるで、中世の魔女狩りのようである。
しかし、考えてみたら
現代の日本において「食中毒」で亡くなった人は
毎年、何人いるのだろうか?
反面で、現代の日本では
亡くなる人の三分の一は「癌」が原因である。
日本は、農薬や食品添加物の規制が
欧米諸国に比べて、きわめて緩くなっている。
そのため、海外では
「発ガン性がある」という理由で
使用禁止になっているものが
日本では、注意書きも無い状態で
数多く流通されている。
専門家が管理しているわけでもなく
一般消費者が、簡単に購入することが可能である。
大型量販店などで
バーゲン価格で投売りされているものもある。
なぜ、政府・マスコミ以下
全国民が問題視しないのか?
とても不思議である。」

というものです。

「令和」の時代は、上記の10項目を
できるだけ早期に解消しなくてはいけないと
痛感させられます。

そろそろ、全国民が問題に直面して
真剣に考える時期にきています。

カテゴリー: 未分類 |

『令和』がスタートします。

本日、2019年5月1日より
「令和」の時代がスタートします。

大型連休で、初夏の陽氣の中
平成天皇と皇后両陛下もご健在という環境でスタートしますので
なんだか、良い時代になるような予感がいたします。
また、われわれ現役の世代が
今まで以上に良い時代になるように
「令」と「和」を意識して、努力し続けなくてはならない
と考えております。
全国民、オールジャパンで、
良き「令和ニッポン」を創りあげていきましょう!
皆さま、引き続き、よろしくお願い申し上げます。

カテゴリー: 未分類 |

「平成」から「令和」へ

4月1日に、5月からの新しい元号が発表されました。

万葉集から引用したとのことで
『令和』と決定しました。

いまだ、キーボードに「れいわ」と入力しても
「例話」と変換されますが
いつのまにか、生活の中に
当たり前に馴染むのだろうなと思っています。

自分は
「昭和」の時代に生まれて育ち
社会人になった一年目の冬に「平成」を迎えました。

つまり、働くようになって
家族を持つことができたときは
「平成」の時代だったわけですが
公私ともども、波乱万丈の30年間だったなと
今さらながら、実感いたします。

天皇陛下のお言葉に
平成は、戦争は無かったものの
災害が多い時代だった
とありました。

新たに始まる『令和』の時代は、
平和で穏やかながらも活氣がある、
素晴らしい時代になって欲しいし
また、素晴らしい時代になるように
毎日、全力で精進しなくてはいけないと感じます。

カテゴリー: 未分類 |