水銀式体温計

自分は、幼少期から「気管支」が弱く
季節の変わり目には「気管支炎」を発症することがあります。

半世紀も、同じ症状を体験していると
だいたい様相がわかるので
中学生以後は、病院に行くこともなく
昨今は、市販の漢方薬を飲んで
痰が切れて、咳が鎮まるのを待つだけです。

今回は、発熱があったので
こんなご時世だから、出勤と出張はひかえて
自宅の部屋に閉じこもって、静養しました。

いちおうは気になるので
備蓄してあったキットで検査したところ
陰性でありました。

噂に聞いていた、
Covid19・オミクロン株に感染⇒発症時の
自覚症状は皆無だったので
心配はしておりませんでしたが
二年間以上「37・5℃以上はNG」
ということを、毎度毎度聞かされ続けると
その数値を超えた場合は
やはりドキドキするものです。

今回、実感したことで
皆さまにもお伝えしたいことがあります。

それは
「もし、水銀式の体温計があるならば
 ぜひ大切にしておくべきである。」
ということです。

昨今の、電子式体温計は
ほんの数秒で検温できるし
デジタル表示だから見やすいし
ということで
検温に、最低5分はかかり
しかも、表示が見にくい水銀式は
なかなか使用していないのではないかと思います。

しかし、「水銀式体温計」には
以下の、重要な特長があります。

①正確に検温できる

最低5分以上と、検温に時間はかかりますが、
特に発熱時は、自分の体温を、正確に把握することができます。
電子式は、検温ごとに数値が上下したりするので
どれが正しい数値なのか?わかりにくく、不安になります。

②割らなければ、半永久的に使える。

電子式の体温計は、小さな電池で駆動しています。
いざ使おうと思ったとき、バッテリー切れしていたとしたら
予備の電池は備蓄してありますか?
ボタン式の電池は、種類が多岐にわたっているので
特殊な型の電池だと、店頭でなかなか見つからないものがあります。
また、電池があったとしても、ケースを開けるのに
小さなドライバーが必要になる場合があります。
工具は持っていますか?
さらに、昨今では、乳幼児が食べてしまって危険だということで
そもそも電池交換ができないタイプのものもあります。
だとしたら、新品の体温計を備蓄しておかないと
いざ発熱したときに、検温できなくて、
たいへん不安な状態になると思われます。

反面で、水銀式の体温計は
ガラス部分を破損しないかぎりにおいて
ほぼ、半永久的に使用することができます。
それも、特別な注意や技術が必要なのではなくて
ケースに入れて、薬箱に収納しておくだけです。

コロナ禍騒動は、まだ続くようですから
もし、水銀式体温計を見つけたら
以上のことから、今後も大切に保管することをおすすめします。

よく言われますが

「デジタル」で「オートマチック」なものは
一見便利なようであるが
意外とトラブルに弱く
トラブルが発生すると、不便なものである。
「アナログ」で「マニュアル」なものは
手間がかかって、不便なようであるが
トラブルには強いので
もしものときは、思ったより頼りになる。

ということの実例かもしれません。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。