納豆を「スーパー健康食品」にパワーアップ

「納豆」は、日本が世界に誇る健康食品です。

自分は、可能である限り
毎日、欠かさず納豆をいただくことにしています。

ネットの健康情報にて
「納豆をスーパー健康食品にパワーアップする方法」
というものが紹介されていましたのでご紹介します。

そもそも、納豆は
大豆の部分だけでも
◆植物性タンパク質
◆ビタミンB1・B2・B6・Eが豊富
◆ミネラル(カルシウム・カリウム・鉄分)が豊富
◆大豆サポニン=抗酸化効果
◆大豆イソフラボン=骨粗鬆予防
◆大豆レシチン=細胞を若返らせる
という効果がありますが
加えて「納豆菌」に
◆ビタミンK2=カルシウムを取り入れる
◆ナットウキナーゼ=血栓を溶かす酵素
という効果が加わるのです。

以下がレシピです

①納豆に生卵を入れて、最低50回攪拌する
⇒納豆菌がタンパク質を食べて増殖する

②きざんだキムチを入れてよく混ぜる
⇒キムチの乳酸菌が納豆菌を食べて増殖する
注)キムチは、きちんと漬け込んであるものを使用。

③みじん切りにしたタマネギを入れてよく混ぜる
⇒タマネギには、
 ◇アリシン=血液をサラサラにする
 ◇クルセチン=活性酸素を取り除く
 という成分が含まれている
 実は、長ネギを入れるより食感が良い。

④すりゴマを入れてよく混ぜる
⇒ゴマは古代より栄養豊富な健康食材であり
 抗酸化効果
 コレステロール低下効果
 抗高血圧効果
 疲労回復効果
 肝臓・腎臓・肺の機能アップ
 などの効果があるといわれている
 吸収力アップのため、すりゴマを使用しましょう。

⑤オリーブオイルを入れてよく混ぜる
⇒ポリフェノール=抗酸化効果
 ビタミンEとβカロテン=アンチエイジング効果
 があるといわれている。
 エキストラバージンオリーブオイルを使用しましょう。

ここまでできたら、次のポイントは

⑥しょう油・カラシは入れない。
 菌の増殖を妨げるので、
 いれるなら、器からごはんにかけた後。

⑦ずぐ食べずに、ラップをして、冷蔵庫に入れ
 ひと晩以上寝かす。
⇒発酵を進行させて、菌を増殖させる。

⑧食べるときは、冷蔵庫から出して20分くらい置く。

というものだそうです。

この行程の結果、このようになります。

氣泡がたくさん発生して
発酵がすすんでいることを実感できます。

じっさいにいただいてみると
美味しいうえに、いかにも健康に良さそうだということが
実感できます。

せっかくだから、良い素材を使用することをオススメします。

ぜひ、お試しください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。